冬の間は、農家の手仕事の時期。

伐採した竹を利用して、今回はソバ猪口と箸を作ることになりました。

静かにペーパーをかけること数時間。長い人は6時間に及びました。

とげとげした肌さわりが徐々に柔らかくなり

口元に触れる部分では極薄でした。気を緩めると数時間の労力が飛んでしまうほどの繊細さでした。

次回は自分で作ったソバ猪口と箸を活用し

ソバ打ちも体験してもらい、ソバと竹の自然の風味を存分に味わってもらえることになってます。

次回のソバ打ち、今日の苦労をも味わいながらどうか楽しんでください!

KN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください